なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

末期の慢性腎不全を乗り越えて元気に暮らす麦さんの覚え書き

2010年末、14歳7ヶ月の麦次郎の慢性腎不全が急激に悪化しました。
半日入院で1週間、静脈点滴を続けるもBUN162/Cre11.8というぶっちぎりの数値をたたき出し、
あとはお家で看取ってあげてくださいと退院したものの諦めきれず、
本猫の負担にならないなにかいい方法はないかと調べまくって落ち着いたのが
あれやこれやの民間療法&魔法。
直接口に入れるサプリに関しては獣医さんに相談してOKの出たものを
マッサージなど外から働きかけるものに関してはネットや友人の情報を元に
麦が嫌がらない方法を採り入れました。

その甲斐あってか「この病気でリバウンドした猫は初めてです」と病院でも笑われるほど
ぶりんぶりんに回復し、4年近く経った今も元気です。
CN_2014_0716_2126_02.jpg

慢性腎不全に悩む猫の飼い主さんに実践したいろいろを教えてあげたところ、
効果あったよ!の報告もいただいたりしているので
こちらにまとめておきます。
慢性腎不全と戦う猫さんたちの助けになれば嬉しいです。

●サプリメント
・ネフガード(おなじみの活性炭です。毒素を吸着してくれる働きがあります。ただし、他のサプリの栄養分も吸着してしまうおそれがあるので時間差で与えましょう)
・コエンザイムQ10(クレアチニン値が下がる。臨床データもあるそうです)
※核酸ドリンク(友人からいただいたもの。獣医師のOKは出ましたが本猫に不評で断念しました。)

●マッサージなど
・枇杷の葉蒟蒻温湿布(枇杷茶を少し入れたお湯で温めた蒟蒻を布でくるみ、患部に枇杷の葉を敷いてのせるだけ。蒟蒻が毒素を吸い取ってくれる。使用後の蒟蒻からものすごいアンモニア臭がしました)
・枇杷の葉エキスでツボマッサージ(枇杷の葉エキスを手に取り、背骨の脇にそって軽く指圧。腎兪のあたりは念入りに)
・シンアツシン(家庭用の鍼治療器でツボ刺激。ヤフオクで入手)
CN_2013_0604_1234_17.jpg

●魔法(よくわからないけど良さそうなもの)
・日田天領水(いわゆる酸素水。H4Oペットウォーターは嫌がったけどこれはよく飲みます)
BuzSoeBCMAEoaaq.jpg
・バッチフラワーレメディ(闘病が辛くないようにオリーブ、毒素の排出が促されるようにクラブアップルを中心に調合。通院や点滴前にはレスキューをすりこんでます)
・音叉(DNAを修復するといわれている528Hzのもの。気持ちよさそうに聞いています)
1852389859_69.jpg
※てんかん対策で頭付近で鳴らしています。基本は患部に。
・ハンドヒーリング(私はレイキとクオンタムタッチが使えますが、元気になったイメージを持って手を当てるだけでもいい気が流れると思います)
・クリスタルヒーリング(飲水の中にクリスタルを沈めています。腎不全に効果があるといわれるブラッドストーンはボウルの下に)
1707648518_90.jpg

●そのほか
・カリカリ(ロイヤルカナンの腎臓サポート)
・プラチナ乳酸菌+寒天パウダー(ネフガードのせいか便秘がちになったので)


おまけ。
腎不全が良くなった頃からてんかん発作を起こすようになりました。
1〜3ヶ月に1度位の割合なので心配はないのですが
本猫も疲れるし、見るのも辛いのでてんかん対策もしています。

●ハーブ
・ジェモセラピー(神経過敏にいいといわれるライムツリー使用。やめていた期間に発作が頻発したので確実に効いてる模様。腎臓にはコモンジュニパーがいいそうです)


現在は週に3度の自宅での皮下点滴と、枇杷の葉蒟蒻温湿布以外のあれこれを続けています。
回復してからはずっとBUN45前後/Cre4.5前後と安定していて、毎日楽しそうです。
末期の慢性腎不全と診察されても、こんなに元気に回復することもあるのです。
本猫に生きる気持ちがあるかぎり、諦めずにサポートしてあげてください。
ご参考になれば幸いです。

BwhqZJcCYAAU3Jp.jpg
夏毛で白いですが、18歳でこのお顔♪


※詳しい闘病記録は2010年12月〜2011年2月頃までのブログをごらんください。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

はじめまして。
我が家の猫も1年前にちょうど14歳で腎不全の末期と診断されました。
闘病生活四年って素晴らしいですね!
似た様な感じのケアですが、とても参考になりました!
ありがとうございます。

ふくたままま | URL | 2014-10-24(Fri)08:45 [編集]


Re: はじめまして

はじめまして。
ふくたまままさんのお家の猫さんも腎不全なんですね。
今は安定されているのでしょうか(^^)
科学的根拠は?ですが、ご参考になれば幸いです。
とくに枇杷の葉蒟蒻温湿布はオススメです☆
うちの麦次郎18歳は、死にかけたのが嘘のように元気です。

かじはら | URL | 2014-10-27(Mon)22:13 [編集]


かじはらさま

我が猫も余命宣告されたんですが
2回目の冬を迎えようとしています。

枇杷の葉ではないんですが、
棒灸をやったり、マッサージしたり、毎日の輸液以外はナチュラルな方法で試行錯誤しながら体調は安定してます(*^^*)

獣医さんもビックリしています…

ふくたままま | URL | 2014-11-08(Sat)09:32 [編集]


Re: タイトルなし

猫の生命力、すごいですね!
Twitterで知り合った方も、ヨレヨレだった猫さんが華麗に復活してびっくりされています。
我が家は4度目の冬です。
先日検診に行ってきたんですが、数値はキープ、
先生には「18歳には見えない」とお褒めの言葉をいただきました♪
これからも、猫にもお財布にもやさしい(笑)ナチュラルなケアで元気で長生き目指しましょう!

kajiyo | URL | 2014-11-09(Sun)23:26 [編集]


ウチの猫も腎不全末期です。

ウチの猫も腎不全と戦っており、1年が過ぎました。つい先日、病院で末期の診断をされ、2日前から目に見えて体力が落ち歩くのも困難な状態になってしまいました。
そんな時こちらの記事を拝見し「諦めたらダメだ」と思い立たせて頂きました。
早速、ナフガード、コエンザイムQ10、飛騨天領水、琵琶の葉を発注しました。そこで質問させて頂きたいのですが、琵琶の葉蒟蒻温湿布は腎臓付近に施した方が良いのでしょうか?
これからが勝負と思い、モカと一緒に戦いたいと思いますので、お返事頂ければ幸いです。

宮崎モカ | URL | 2015-10-22(Thu)22:03 [編集]


Re: ウチの猫も腎不全末期です。

お返事遅くなって大変申し訳ありません!!
猫さん、その後いかがですか?
蒟蒻温湿布は、腎臓付近・腎兪(猫のツボで検索すると出てくると思います)を中心に、行いました。
気持ちいいと感じてくれるといいのですが。
回復しますように!

kajiyo | URL | 2015-10-29(Thu)00:16 [編集]


先々週、末期の慢性腎不全と診断されて今日4回目の点滴に行ってきました。
週に3回きてといわれてるけど、金銭的に厳しいので、2回しかいけず( ´△`)ネフガードとこんにゃく湿布、今日からためしてみます!今湿布中ですが、温かくて気持ち良さそうです♪枇杷の葉はその辺から拝借。
自宅点滴できれば一番いいんですが。
でもこのブログのおかげで希望がもてました。頑張りますヾ(@゜▽゜@)ノ

ねこ | URL | 2015-12-10(Thu)14:07 [編集]


Re: タイトルなし

こんばんは。
温湿布、ねこさんに好評ですか、よかったです(*^^*)
気持ちよく過ごせることが一番ですよね。
お財布にもねこさんも優しい方法で、元気に回復してくれることをお祈りします。
ジェモセラピー(ハーブチンキのようなものです)のコモンジュニパーもよさそうですよ。

kajiyo | URL | 2015-12-11(Fri)18:51 [編集]


はじめまして。
うちの猫も2年半腎臓病と闘っています。先日、獣医さんから、もう長くないかもしれないと言われました。猫はぐったりしているというわけではありません。私たち家族は、できるだけ苦しまないで最期を迎えさせてあげたいと思っています。
先日、知り合いの方から核酸ドリンクを勧められました。その核酸は本当に効果があるようで、癌が治った方からお話を聞いたこともあります。ただ腎臓病の猫にあげていいのか、よくわかりません。ご存知のことがあれば、教えてくださると嬉しいです。
長文失礼しました。

aya | URL | 2016-07-31(Sun)16:03 [編集]


Re: タイトルなし

はじめまして。
ayaさんの猫さんも長い間闘病されているのですね。
でも、ご家族がしっかりなさっているようでよかったです。
私が勧められたものはフォーデイズのものでした。
獣医さんに商品説明のパンフレットを見ていただき、猫に与えても大丈夫、とのお返事いただきましたが
味に癖があったので(サンプルいただきました)、弱った猫に無理やり飲ませるのに抵抗があり、断念しました。
もし喜んで飲んでくれるようならいいのかもしれませんね。
猫さんとayaさんご家族にとって、少しでも長く穏やかで楽しい日々が続きますように。

kajiyo | URL | 2016-08-01(Mon)12:18 [編集]


お返事、ありがとうございます!本当に嬉しかったです。
私たちが勧められたのも、フォーデイズの核酸です!ろ過の機能が悪くなってる猫に、核酸をあげていいのかわからなかったので、とてもありがたい情報でした。
さっそく今日、核酸をあげてみました。好転反応なども出るかもしれないのは心配ですが、様子をみながらやってみたいと思います。
またわからないことがあったら、質問させてください。

aya | URL | 2016-08-01(Mon)22:22 [編集]


Re: タイトルなし

嫌がらずに飲んでくれたんですね。
私に勧めてくださった知人は、若猫さんでしたが急性の腎不全が良くなったそうですよ。
効果があるといいですね!

kajiyo | URL | 2016-08-01(Mon)22:29 [編集]


教えていただけましたら助かります

はじめまして。
我が家には、17歳になる男の子がおり、先日腎臓病の診断をされました。
その兆候はでていたのに、腎臓病というものを知らずに処置が遅れたことが悔やんでも悔やみきれません。
こんなとき、こちらのブログに辿り着きました。
出来ることはなんでもしたいのですが、もう少し詳しく教えていただくことは可能でしょうか。

・枇杷の葉蒟蒻温湿布
1、びわの葉は何枚でしょうか
2、何分位やればよいのでしょうか
3、毎日行っていますでしょうか
4、何か注意点はありますでしょうか

・クリスタルヒーリング
5、水の中にクリスタルを入れるのはわかりましたが、ストーンは中に入れず、器の下に置くのでしょうか。

・枇杷の葉エキスでツボマッサージ
6、何分位続ければよいでしょうか。
7、毎日やっていますでしょうか。

・フラワーレメディ
8、日田天領水にまぜてるのでしょうか
9、毎日でしょうか

・シンアツシン
10、毎日でしょうか

質問ばかりで、本当に申し訳ありません…
大変お手数おかけして、恐縮ですが、大事な我が子と一緒にいたいので、お教えいただければ、本当に嬉しいです。よろしくお願いいたします。

さやか

さやか | URL | 2016-10-05(Wed)19:58 [編集]


Re: 教えていただけましたら助かります

ごめんなさい!せっかくコメントくださったのに見落としていました(><)

> ・枇杷の葉蒟蒻温湿布
> 1、びわの葉は何枚でしょうか→1枚敷けばOKです
> 2、何分位やればよいのでしょうか→蒟蒻がぬるくなるまでやっていました
> 3、毎日行っていますでしょうか→具合の悪い頃は毎日、今は調子がいいのでやっていません
> 4、何か注意点はありますでしょうか→ストレスになってもいけませんので、嫌がるようならやめてください

> ・クリスタルヒーリング
> 5、水の中にクリスタルを入れるのはわかりましたが、ストーンは中に入れず、器の下に置くのでしょうか。→なんとなくそうしているだけです(^^; 色付きの石はたまに着色されているものがありますので、水に入れる場合は購入の際にお店の方に確認してください。

> ・枇杷の葉エキスでツボマッサージ
> 6、何分位続ければよいでしょうか。→ひととおりツボを押しているだけです。嫌がらない程度に。
> 7、毎日やっていますでしょうか。→毎日1回、ブラッシングの仕上げにやっています。

> ・フラワーレメディ
> 8、日田天領水にまぜてるのでしょうか→混ぜています
> 9、毎日でしょうか→状態によって使い分けが必要ですので、専門の方に相談されるといいかもしれません。
>
> ・シンアツシン
> 10、毎日でしょうか→一日1回毎朝やっています。

残念ながら私はヒーリングの専門家(レメディもクリスタルも)ではありませんので、明確にお応えできなくてごめんなさい。
でも、良くなったところをイメージしてケアしてあげることが大事です。
お役に立ちますように!

kajiyo | URL | 2016-10-11(Tue)17:14 [編集]


お久しぶりです。以前コメントさせていただいた者です。
あの日のコメントから1ヶ月もたたないうちに、腎臓病の猫は亡くなりました。最期は眠るように優しい顔で逝きました。家族みんなで看取ることもできて本当によかったです。
質問に丁寧に答えていただいて、本当にありがとうございました。

aya | URL | 2016-11-03(Thu)23:05 [編集]


Re: タイトルなし

そうでしたか・・・たいしてお力にもなれなかったのに、お辛い中コメントありがとうございます。
でも、ご家族みなさんで穏やかにお見送りになれたとのこと、猫さんもきっと安心して旅立たれたのでしょうね。
おつかれさまでした。
またいつかどこかで再会できるといいですね。

kajiyo | URL | 2016-11-04(Fri)15:08 [編集]


はじめまして

初めてコメントさせていただきます。
我が家の猫も先日、末期の慢性腎不全と診断され、色々と調べてこちらにたどり着きました。
そこで教えていただきたいのですがネフガードとコエンザイムQ10は、1日どのくらいを目安に与えていらっしゃったのでしょうか?
現在本猫は入院中ですが、数値の下りが芳しくなく、藁にも縋る思いです…
お忙しいかとは思いますが、宜しくお願い致します。

りな | URL | 2016-12-06(Tue)13:07 [編集]


りなさま

はじめまして。
末期の診断、ご心配のことでしょう。
元気になって退院できますように!

ネフガードとコエンザイムは、目安量はそれぞれの取説に記載してあると思います。
体重によって分量も違いますのでご注意ください。

具合の悪そうなときは枇杷の葉蒟蒻温湿布がいいですよ!
これで回復した猫さんが何匹もいます。
退院したらぜひやってみてあげてください。

kajiyo | URL | 2016-12-07(Wed)11:56 [編集]


私の猫も腎臓病で、毎日動物病院で、皮下補液していますが

はじめまして
私の猫も、腎臓病で、
参考にしたいのですが
コエンザイムQ10は、人間ようでいいのですか?
マッサージのところで~温湿布のところの
ハーブの漢字が読めないので、
教えてくれたらありがたいです。

日田天領水は、人間用ですが、
試してみたいです。

西村 | URL | 2017-01-01(Sun)19:31 [編集]


Re: 私の猫も腎臓病で、毎日動物病院で、皮下補液していますが

はじめまして。
三が日はパソコンから離れていました。
お返事遅くなりすみません。

コエンザイムは、犬猫用のものを使っています。
簡単にネットで手に入りますので検索してみてください。

温湿布に使うハーブは、びわの葉です。
こちらも簡単に使えるエキスが販売されています。
これを手にとってマッサージしたり、エキスを入れたお湯でこんにゃくを煮てタオルにくるんで患部(腎臓のあたり)にあてるとよく効くようですよ。

猫さんの回復、お祈りしています!

kajiyo | URL | 2017-01-04(Wed)11:53 [編集]


情報ありがとうございます

初めまして。
猫のてんかんについて調べていて、こちらに辿り着きました。
腎不全が進行しつつある高齢猫が昨夜初めてのてんかん発作を起こし、とても不安になりましたが、kajiyoさんの記事に大変勇気づけられました。

猫ちゃんに対する前向きで真摯なお姿、素晴らしいです。
なんと素敵な方だろうと感動いたしました。
麦ちゃん、とてもきれいな子ですね。本当に幸せな猫ちゃんだと思います。

愛猫に対して出来る限りのことをしているつもりになっていましたが、まだまだ試すべきことがあると気づかされました。
音叉や枇杷の葉エキスなど、ぜひ取り入れさせていただこうと思います(まずは、手持ちがあったので飲み水に大き目のクリスタルを沈めました)。

ご経験に基づく、ためになる情報を本当にありがとうございます。
繰り返し拝読させていただきます。

アル | URL | 2017-01-22(Sun)11:39 [編集]


Re: 情報ありがとうございます

はじめまして。
コメントありがとうございます。
少しお役に立てたようで嬉しいです。

麦の癲癇とはもう6年のお付き合いになります。
ここ5年ほどは2.3ヶ月に1回、一定の音が引き金になることが多いです。
命に別状がないとはいえ、体力は消耗するでしょうし、できるだけ刺激しないよう心がけています。
ブログにも書きましたが、ジェモセラピーのライムツリー、いいですよ。
もし頻発するようであれば試してみてください。

普段の腎臓ケアには枇杷の葉エキス、おすすめです!
調子の悪そうなときには、枇杷の葉蒟蒻温湿布!これで危機を脱した猫さんたくさんいます。

ムリのない(猫さんが気持ちいい♪と感じる)範囲でお試し下さい(^^)

kajiyo | URL | 2017-01-23(Mon)14:53 [編集]


麦さん凄いです!!
こちらのブログ凄く参考になります。
家の子は未だ6歳なんです・・・3歳で慢性腎不全と告げられもうすぐ闘病生活3年になります。
もう病院の先生から透析か移植しかないと言われたくらい治療はしてるのですが・・・最近数値が⤵です。。。。
どうして良いか分からずやれるだけの事はやろうと枇杷の葉蒟蒻温湿布を試しています。
希望をありがとうございます。

試してみて質問ですが、
1枇杷の葉茶とはお湯に枇杷の葉っぱを入れて温めれば良いですか?
2.蒟蒻、枇杷の葉は何度か使用して良いですか?その都度新しいものに変えた方が良いですか?
3.動いてしまう場合どうされてましたか?今調子がすぐれないせいか抱っこするのを嫌がるので困っています。

お忙しいところ恐縮ですがアドバイスお願いします。
奇跡が起こる事を願って☆彡

ちたん | URL | 2017-03-29(Wed)20:35 [編集]


Re: タイトルなし

猫さん、そんなに若かったんですね!
でも、若い分体力もあって効果も出るかもしれません。

ご質問の枇杷の葉蒟蒻温湿布ですが、
1、
枇杷の葉茶は、ドラッグストア等で手に入ります。人間用のお茶です。乾燥させた枇杷の葉を煮だしてもいいのかもしれません。
もっと手軽に使える枇杷の葉エキス(ネットで簡単に手に入ります)もおすすめです。
2,
蒟蒻は2.3回使えるようでしたが、うちの場合はとにかくアンモニア臭がすごくて、1回で使い捨てにしていました。
患部に当てたびわの葉は、手に入りにくいこともあって何度か使い回ししてました。
3,
動く気力もないくらい弱っていた時に湿布してましたので、あまり参考にならないかもしれませんが、抱っこではなく横たわっているときに腎臓のあたりにのせていました。
もし嫌がるようでしたら、体質に合わないのかもしれませんし、なによりストレスになることが心配ですのでやめてあげてくださいね。

枇杷の葉蒟蒻温湿布、危機を脱した猫さんたくさんいます。
ちたんさんのおうちの猫さんにも効果ありますように!

kajiyo | URL | 2017-03-30(Thu)14:23 [編集]