FC2ブログ

なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

なまけ猫王国更新。/個展のご案内

10月です。
夏の終わりは豪雨やら台風やら地震やら、信じられないような天災続きでしたが、穏やかで実り多い秋になりますように。

さて、今月は秋の夜長にお邪魔な妖怪をコンビでご紹介。
反枕(まくらがえし)と屏風のぞきです。
ほんとはぜんぜんコンビじゃないけど。
1810top.jpg
なまけ猫王国→http://www.catkick.com/namake/

屏風の向こう側にはお布団が敷いてあるわけですが、猫妖怪の反枕はなぜか枕に潜ろうとしてそのままどこかに持って行っちゃうし、猫妖怪の屏風のぞきは高いものがあれば登っちゃうしで、眠れないことこの上ないです。

鳥山石燕先生が描いたのはこちら。
makuragaeshi.jpg
反枕。
死者の霊だとか、座敷童だとか、いろいろな伝承がありますが、概ねただの悪戯で害はなさそうです。
でも、寝れない。

byobu-nozoki.jpg
屏風のぞき。
長年寝室で男女のイチャイチャを見続けてきた屏風が付喪神化したものだとか。
そんなに見られてたらやっぱり寝れない。


少し先ですが、11/16-20、個展「なまけ猫王国〜相思相愛〜」始まります。
家族として愛し愛されている猫さんたちの肖像と、HPトップを飾った猫妖怪シリーズを展示します。
みなさまぜひお越しくださいませ。
1811omote.jpg
atena18DM.jpg

スポンサーサイト

PageTop

なまけ猫王国更新。

9月です。
今年の秋は涼しくなるとの予報をどこかで耳にしたんですが、ホントかなぁ。

先月の狐に続き、今月は狸です!
狐の花子と狸の麦次郎、連続で大活躍♪
(新入りあおちゃんはイタチっぽい)

狸の腹つづみは月夜に似合います。
ぽんぽこ。
1809top.jpg
なまけ猫王国→http://www.catkick.com/namake/

tanuki.jpg
鳥山石燕・図画百鬼夜行より

「狸の○玉八畳敷き」というのも有名ですねw
タマタマ袋をびよーんと伸ばして畳に見立てて人を化かすらしいのですが、煙草の灰を落としたり針を刺したりすると、アチチ、イテテとなってたちまち化けの皮が剝がれるんですって。
詰めの甘いところがなんともラブリー。

なんと、そんな化け狸は日本書紀に登場するほど古〜い歴史があるそうです。
しばしば狸と称される丸顔の太シャム猫(タヌシャム)は、明治の終わりに日本に来たのでまだまだ新参者ですね。

「狐七化け狸八化け」という諺があるように、狐よりも狸の方が化かす腕が上だと言われています。
なぜかというと、狐は人を誘惑するために化け、狸は化けることが好きだから化けるから、という楽しい説もあるとか。
あー、ワクワクする。

狸も狐も、昭和の初め頃までは人を騙していたようですね。
「新耳袋」とか読んでいると、おじいさんやおばあさんが実際に体験した話としていっぱい出てきます。
狐火だって、もうすぐ還暦の知り合いは子供の頃に当たり前のように見てたそうだし、いつから狐狸は妖力失っちゃったんだろう・・・・

PageTop

送り盆と麦の命日

送り盆の日、8月16日は麦次郎の命日でした。
早起きして麦の旅だった6時45分に手を合わせ、大好きだったカツオのなまりをお供えしました。
麦を送って一年、あっという間です。
今年は(フォルムが違うけど)麦と同じ種類の葵ちゃんがそばにいます。
あおちゃんも元気に長生きできますように。
mugi201808.jpeg

夜、霊媒の仕事をしている友人から電話がありました。
3年間、心臓と膵臓の病気と闘ってきた愛猫アトムくんが亡くなったとのこと。
奇しくも麦と同じ日。
以前から霊体となった麦がおジャマしていたようなんだけど、ここ数日もちらちら現れていたそうで。
麦ったら新盆なのにぜんぜんうちに帰ってこないな、と思ったら、アトムのところにお迎えに行ってたんだね。
本当に面倒見のいいやつだ。

花ちゃんの亡くなった3年前の作品「虹の橋洋装店」。
20180817-1.jpg
また一緒に暮らしたくて、天に昇った猫たちが来世のために新しい毛皮を選んでいるところを想像して描いたのですが、現世に満足して旅だった子は、ずっと天界にとどまって生まれ変わる猫たちのお手伝いをしつつ、元の家族たちを見守る役目を選ぶ場合もあるんじゃないかなと思うようになりました。

2年くらい前かなぁ、Eテレの「ネコメンタリー猫も杓子も」という番組の中で、角田光代さんの書き下ろし短編「任務十八年」が流れました。
それは、猫それぞれに地上での任務の期間が決まっていて、任務を全うすると天界に還るというものでした。
そして、たまに元飼い主がしっかり生活をしているかどうか確認するために、わざとちょっとくたびれた外猫風の毛皮を借りて、飼い主にバレないようにこっそり視察に行くんだそうです。
それって「虹の橋洋装店」のレンタルバージョンだ!
20180817−1
ちょっと嬉しくなりました。
もしかしたら麦はここでも働いてるかもしれない。

なお、花子さまは気まぐれに戻ってきているらしく、お気に入りだったコピー機の上に葵が乗ると、かなりの確率で花子風味になります。
hana2018.jpg

PageTop

なまけ猫王国更新。/イベントのご案内

今年の夏は尋常じゃない暑さです・・・
もう気持ち的にはとっくに秋が来てもいいような気分。

こんな蒸し暑〜い日には狐火がよく見られるそうです。
1808top.jpg
なまけ猫王国→http://www.catkick.com/namake/

猫界の狐、花子さまもしれっと混じってます。
元ネタはおなじみ鳥山石燕です。
kitsunebi.jpg

狐火は、人気も火の気もないところを、点々と松明の明かりが続いていたり、消えたと思ったらいきなり別の場所に現れたり、という不思議な現象です。
狐の嫁入り行列だといわれることもありますね。

狐火といえば、私が一番好きなお話は、これ。
180801-2.jpg
吉田秋生の「十三夜荘奇談」に収録されている「きつねのよめいり」。
ふわふわの尻尾をこすって火をおこすんですよ。
180801-1.jpg
ほのぼの、いいお話です。


さて、今月はイベントがふたつあります。

ひとつめは仙台のまたたび堂さんの「大ハチワレ展」。
8/6~27、ハチワレまみれの企画展です。
今回は在廊できませんが、リアルタッチの新作1点と旧作1点、ミニ額4点のほか、石なまけちゃんで参加させていただきます。
180801-3.jpg
ハチワレじゃない猫にジャマされながら準備しましたw

それから毎年恒例となりつつある、伊勢丹相模原店での催事。
8/8~13、今年は「わんこ&にゃんこ展」です。
こちらは全日会場にてみなさまのお越しをお待ちしております。
わんこ&にゃんこの似顔絵描きもやりますよ〜。

お近くの方はぜひ足をお運びください。

PageTop

祝・1歳

昨日、7/26に葵ちゃんがめでたく1歳のお誕生日を迎えました!
猫のお母さんやきょうだいたち、親戚のお兄さんお姉さんと一緒にみっちり4ヶ月半まで暮らしてくれたおかげか、痛い噛み方はしないし、やんちゃなのにお利口さんだし、おしゃべりで甘ったれで素直で、手のかからないとってもいい子に育っています。
しかもとっても美猫さん!
我が家に来てから7ヶ月経ちますが、いまだに「うわっ、こんなキレイな猫がうちにいる!!」とハッとしたりします(親バカ)。
aoi-1.jpg
こんなにべっぴんさんなのに移動は常に小走りで、あっという間におもちゃ壊すほど激しく遊びます。

お誕生日のプレゼントはちょっと背の高いキャットタワー。
aoi-3.jpg
どうやらお気に召したようです。

子猫でも危なくないようにとお迎えの時に用意した低いタワーは、大好きなコっちゃんの鳥かごのお隣に設置。
aoi-2.jpg
もうこんなふうに無理やり隙間に入り込まなくてもコっちゃんのそばにいられます。
aoi-4.jpg

花子さまの大好きだった鳥のささみと、麦次郎の大好きだったカツオのなまりでお祝いしました。
が、なまりはお気に召さなかった模様。ちょっと残念。
あおちゃんは完全に肉派のようです。

これから先、あと20年くらい、ずーーーっと元気でごきげんに暮らしてくれますように。
下僕はあおちゃんの幸せのために愛情をそそいでしっかりサポートいたします!

PageTop