なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

麦さん検診

腎不全がぶり返して、脾臓に腫瘍が発見されてから2ヶ月ぶりの検診でした。
ここのところゴハンもよく食べるし、21歳にしてはよく動くし、機嫌よく暮らしてる麦さん、血液検査の数値も良くなってるんじゃないかなーと期待してたんですが、そうは問屋がおろさなかった・・・ものの、現状維持!
BUNとCreとリンはほぼ一緒、カルシウムは問題なし、貧血もないし、白血球とか赤血球とかもバランスもバッチリ。
一番気になってた腫瘍も、大きくなることなく2ヶ月前と同じ大きさ。
本猫の調子がよさそうなので、次は3ヶ月後でよくなりました。
はー、一安心かな。
よく食べてる割にじわじわと減ってる体重は気になりますが、腫瘍が栄養じゃんじゃん使っちゃうんだそうです。
とりあえず今までどおり好きなごはんいっぱい食べて、楽しく暮らそうね!
170729-1.jpg 
病院でニャンズエステを受けて(よーするにガビガビになった目くそと、レバスパンまみれのおくちをきれいにしてもらった)、オトコっぷりの上がった麦次郎氏。
夏毛で白いです。ああかわいい。
ちなみにお顔を拭いてもらっている間中、うっとりした表情でした。猫なのに。
エステで使用した本当はお尻拭きという犬猫用介護液を分けていただいたので、今日からベタベタとはおさらばさ!

病院から帰る途中で雨。
マンションの外廊下にパトロールに行きたいのに雨降りで不満なんだそうです。
170729-2.jpeg 
麦よ、何回出ても雨降ってるよ。
170729-3.jpg 

スポンサーサイト

PageTop

麦次郎その後&猫又まつり

麦さん、相変わらずマイペースに暮らしております。
新たに始めたバランスαで溶いたレバスパンを毎日むりむりとシリンジで飲み(おくちのまわりのベタベタはどーしたもんか)、好きなゴハンだけを食べまくり、とりあえず体重は3.5キロ前後を保っています。
全盛期は7キロ弱もあったから、半分になっちゃってずいぶんやせ細っちゃったけど、持病のある21歳でこの体重キープできているのは優秀なんだそうです。(獣医さん談)
最近はオシッコ近くなった上にトイレにたどり着けないことが増えてきましたが、我が家は全面クッションフロア。
どこでされてもぜ~んぜん平気!
むしろマメに床を磨くようになって廊下もピカピカですw
気ままに食べて寝て、抱っこでのマンションパトロールに行って、そこそこ楽しく暮らしてくれているかな?
でも、ここ1週間ほど、毎日の点滴をすごく嫌がるようになりました。
そりゃそーだよね、2ヶ月前までは週3回だったんだもんね、いきなり倍。
見てる限り体調よさそうなので、毎日の点滴は多すぎるのかもと思ってたりもしてますが、とりあえず今週末検診の予定なので、結果次第で減らせるかも、といったところです。
そうそう、今年も夏毛で白っぽくなってきました。
夏の風物詩、白シャムです。
冬にはまた真っ黒ツヤツヤなお顔が見られますように(^^)


さて、王冠印雑貨店さんでの猫又まつり始まっています。
先日行ってきたのですが、楽しい作品目白押し!
猫&妖怪好きにはたまらんです。
楽しみにしていたオリジナル手ぬぐいもステキな仕上がりでしたよ~♪
170725-1.jpg 
藍色の方は思ったとおり、茜色の方が想像していたより遥かにキレイ!
実はピンクって甘い感じが好きではなかったんですが、コレはイイ!
落ち着いているのに華やかで、気分の上がる大人のピンクです。
私はイラストの提供のみで、デザインと染物屋さんとの打ち合わせは王冠印雑貨店のオーナーさんにお任せしたのです。
色の選定もものすごく考えてくださったようで・・・ありがたや〜。

せっかくなのでステッカーも作りましたよ。
170725-2.jpg 
こちらも王冠印雑貨店さんでお取り扱いいただいています。

こんな楽しいお菓子も♪
170725-3.jpg 
糖質オフの猫又スコーンw

みなさまどうぞ湯島の猫又まつりにお出かけくださいませ。
20170621_2172884.jpg 

PageTop

栄養補給と歯肉炎緩和

麦次郎、毎日機嫌よく過ごしています。
170623-4.jpg 
お茶碗を枕に寝て
170623-3.jpg 
ズレても気にしない肝の座った男。

ですが、寄る年波には勝てず、じわじわ体重減ってきてます(T-T) 
6年半前、奇跡の復活を遂げた後にはものすごいリバウンドして、カルテに「困ったな」って書かれたくらいなのに!

そこで体重減少をストップさせるために新アイテム投入!
170623-2.jpg 
簡単に言うと、栄養の吸収を良くしてくれるサプリ。
お世話になっている猫雑貨屋「猫の額」さんのオススメです。
ニオイがちょっとキツイ(ミルクっぽいというか、小鳥用のパウダーフード「フォーミュラ」にそっくり)のと、摂取量が多い(結構デカイスプーンに2杯)ので、シリンジで流し込んでます。
若いころはど抵抗しないし、無理やり食べさせても直後の好きなごはんはちゃんと完食するので助かりました。
以前、食が細くなった時に強制給餌したら、プライドをいたく傷つけたらしく、しばらくハンストされた経験があるのでドキドキしたよ・・・
始めてまだ3日、しかも規定量の半分くらいしか与えてないから体重に反映はされてないですが、なんとなくよさそうな感じ。
頼む、せめてこれ以上体重減るのストップして!(私の体重は減ってほしいけど!)

もう一つ、すごくお手軽で優秀だったのがコレ。
170623-1.jpg 
歯肉炎もおこしてて、口臭がキツくなって、おくちニャムニャムしたり、ごはん食べにくそうだったりしたのが、きえ〜る与えて2.3日でよくなりました!
こちらは無味無臭で、お水にシュッと吹きかけるだけ。
本来は排泄物のニオイを和らげる目的の商品らしいですが、なぜか口内炎が治るとネットで評判なのです。
個展期間中にお客さまから教えていただいたのですが、その時はまさかお口にトラブル出るとは思わず、へーおもしろいなー、程度に聞いてたんですが、こんなにすぐに必要になるなんて!
覚えててよかった!
麦次郎、コレのおかげで口臭も、おくちニャムニャムもなくなりました。
乳酸菌とか酵母とか、すごい!

レバスパンの方はまだ効果ははっきりしてませんが、きえ〜るはいいです!
積極的に治療できないご高齢のおくちトラブルを抱えてる猫さん、試してみる価値ありそうですよ。

PageTop

老猫用猫トイレ変遷

21歳になり、足腰が弱ってきた麦次郎、今まで使っていたフード付きトイレだと入口が狭く、段差もあったので使用が難しくなってきました。
元々立ちション癖があったんですが、最近はかがむのもつらくなってきたようで、ちょっと高さがありつつも、段差が少ないタイプのものに変えてみました。
170613-1.jpg 
心置きなく立ちションできるようにグルリをペットシーツで囲ってます。
(とりあえずの処置だったのでまだダンボール使用)

が、これも段差が怪しくなってきたので上の白いカバー部分を外しました。
170613-2.jpg 
グルリはダイソーのワイヤーネット。

ところが昨夜、よろめいたついでにヘリを踏んでしまい、トイレごと倒れるという大事故(ってほどでもないけど本猫凹んでた)をおこしてしまいました。
このトイレ、舟型の底にアールの付いた側面だったせいで不安定だったようです。

こりゃイカンということで急遽ダンボールで作成。
170613-3.jpg 
文句も言わず上手に使ってくれましたが、よりによってそっち向いてする?なところでシッコして、1回でダンボールビッチョビチョ(想定内)。

掃除も大変なのでペットシーツのみに。
170613-4.jpg 
だいぶシンプル。
でも、汚れた砂が取りにくい。

考察と研究の結果、完成したのがコレ。
じゃじゃ〜ん!
170613-5.jpg 
浅くコの字型にヘリをつけたスチレンボード!
シャチョー作です。
これだと麦が出入りしやすいし、端っこを踏んづける心配もないし、砂も取りやすい。
おまけに材料費も安いので汚れたら作りなおせばいいし、一石何鳥だ?

まぁ、シッコ自体は周りのペットシーツにかかるので掃除はそれなりに大変だけど、安全第一。
麦も機嫌よく使ってくれてます。
170613-6.jpg 

ここまでお年を召した猫と暮らすのは初めてですが、いろいろ工夫するのもなかなか楽しいもんです。

PageTop

麦の腫瘍

腎不全が進行して、どうやら甲状腺機能亢進症も疑われた麦さん、降圧剤始めてから2週間経つので血液検査に行ってきました。
お薬は割と素直に飲むし、調子も悪くなさそうだったので、月曜日に1度行ったのですが、折悪しくゲリラ豪雨!
激しい低気圧のせいで、病院についたタイミングで癲癇発作を起こしてしまい、採血できず今日また再診となったのでした。

発作の後はちょっと食欲落ちたりするんですが、今日あたりから持ち直してきたので、けっこう数値もいいかなと期待しつつ出かけたのですが・・・

新たな病気発覚。

脾臓に腫瘍が見つかってしまいました。
前回検診時はなんともなかったのに、たった2週間で巨大化。
しかも、覆っている膜を突き破ってできているらしく、いわば膨れたお餅のような状態なんだとか。
今の生活スタイルだとそれほど心配することもないだろうけど、激しくぶつけたり、高いところから飛び降りたり、お腹揉みまくったりは、破裂のおそれがあるので要注意。
転移の可能性もあるので、そのへんも注意。

腎不全に関する血液検査の結果も、じわっと悪くなってました。
これは脾臓の腫瘍のせいかも、とのこと。

21歳という年齢を考えると、積極的な治療法はなく、あたたかく見守るだけになっちゃいますが、それが一番かな、と。

幸い痛いとか辛いとかはなさそうだし、今のところ吐いたり下痢したり便秘したりもないし、食欲もそこそこあるし、パトロールにも行きたがるので、本猫がしたいように楽しく過ごしてくれればいいや。

腫瘍が小さくなるように、枇杷の葉蒟蒻温湿布とサプリと音叉とレイキ、駆使しまくります!

なんといっても麦は先生も認めるミラクルキャット!
またしてもぺろっと治してびっくりさせちゃおうぜ!
20170609.jpg

PageTop