なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

麦さん検診・慢性腎不全驚異の回復!

3ヶ月ぶりの検診でした。
ここのところとても調子よさそうで、以前よりもよく食べるようになったし、トイレの後走ったりもしています。

前回の数値があまりにもよかったので、甲状腺機能亢進症の疑いも出ていていたのですが、生活の様子から全くそんなことはなく、体重もキープでした。
ということで、おそらくシロ。

そして肝心の血液検査、こちらも変わらずクレアチニン2.8(前回は2.9)!
こりゃー、ほんとに腎不全治っちゃったんじゃないの!?
(6年前は11.8、その後4.0くらいで安定)

元気に二十歳を迎えられただけでもありがたいのに、回復って。
先生にも「二十歳からの盛り返しっぷりがすごいね〜」と褒められ
「そろそろ尻尾割れてくるんじゃないの?w」と確認までされてしまったw
看護師さんにもモフられてチヤホヤされっぱなし。

レスキューレメディ盛っていくのを忘れたせいか、少々興奮気味で血圧は高めだったけど、まぁ許容範囲。
心音も正常。

腎臓の細胞がどんどん壊れていくという慢性腎不全は、一般的には悪くなる一方、よくて現状維持と言われていましたが、最近の研究で、ゆっくりではあるものの腎臓の細胞は修復されることがわかったそうです。
ということは、細胞の修復を助けてあげて、壊れてゆくスピードを追い越しちゃえば治るってこと。
麦はまさにそんな感じ?

以前ブログにも書きましたが、麦の腎不全対策のうちの一部、
・枇杷の葉エキスでマッサージ
・シンアツシン(家庭用鍼治療器)
・日田天領水(水素水)
・バッチフラワーレメディ
・ネフガード
のみ続けています。
これらが地味ーに効いてるのかな。
あと、本猫も好きなように暮らしてるし、言いたいことがあれば全力で訴えるし、見てる限りストレスフリーの生活をしています。
これがいちばんの免疫力アップの秘訣かも。

麦よ、しっかり治して、世の中の腎不全猫の希望の星になろうぜ!

160625.jpg
尻尾で血圧を計られる麦さん。
落ち着くようにとお部屋を少し暗くしてくれます。



入院中の頭蓋骨割れて髄液出ちゃって頭ポヨポヨの保護子猫ちゃんにもご対面してきました。
かなりひどい状態らしかったのですが、歩けるまでに回復!(脳の損傷で回っちゃうけど)
ここの先生方もスタッフさんも、本当に動物好きで手厚い看護をされていて安心できます。
子猫ちゃん、元気に大きくなりますように!
160625-2.jpg
(病院で飼われている猫さんが嫉妬で激おこでしたwww)

スポンサーサイト

PageTop