なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

最近の麦さん

5月3日、三ヶ月ぶりの癲癇発作。
初めて手足や耳が熱っぽくなったり、食欲落ちたり、ぼーっとする時間が長かったりと心配な様子でしたが3日ほどで元気に持ち直し、5月10日に見事21歳のお誕生日を迎えました!

大好きなカツオのなまりでお祝い。
20170526-1.jpeg 
一気食いです。
20170526-2.jpg 
もうナイ。
20170526-3.jpg 
おいしかったね、ごちそうさま。

さすがに21歳にもなると老猫力がつきまくりです。
20170526-4.jpeg 
20170526-7.jpeg 
20170526-5.jpeg 
ああ、味わい深い。

さて、こんなに元気に過ごしていた麦次郎ですが、21日の朝から急にカリカリを食べなくなり、猫缶オンリーの生活に入りました。
ちょうど季節外れの暑さに見舞われた頃。
去年7月の終わりにも猫缶だけで3日間過ごしたことがあったので、今回もそんな感じかと思っていましたが、ちょっと深刻でした。

開けたての猫缶は勧めれば食べるのですが、なんだかさらに動きが緩慢になり、目を開けたまま横たわっていることが多くなってきました。
ほんの5日ですっごく老けこんじゃった感じ。
18日の寝姿がこれなのに!
20170526-8.jpg 
昨日は明らかに脱水していたので、あわてて補液をし、今日病院に連れて行きました。

結果・・・腎不全、進んでました。
ぶり返したというべきか?

脅威の回復力で BUN80前後、Cre3.0前後をキープしていたのに
今回は BUN124、Cre5.7、ALT(肝機能)はぶっちぎりの324。
甲状腺機能亢進症の疑いが濃厚となりました。
おまけにいつもより息遣いが荒くて、血圧は測れず。
あ、目もほとんど見えなくなってたんだ。
使いやすいタイプのトイレに変えたら2回も失敗しちゃったのはそのせいか。

腎臓のためには補液が有効だけれども、高血圧が悪化して脳梗塞や循環不全の危険性が出てくるとのこと。
なので、お薬に過剰反応してしまう麦ですが、ついに降圧剤(下限ギリギリで)服用することになりました。
効いてくれるといいんだけどなぁ・・・

なにぶんもう21歳、人間でいうと100歳かな、本猫の負担になるような治療は正直なところしたくないのですが、とりあえず2週間、様子見ながら頑張ってお薬飲んでもらいます。
点滴も毎日になっちゃったけど、嫌がらないコでよかったよ。

今年の夏も真っ白の夏毛に着替えて笑わせてくれますように。

スポンサーサイト

PageTop