なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

病院三昧

お天気に恵まれたシルバーウィーク、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

我家は、動物病院三昧。

というのも、花子さまの膀胱炎が再発してしまったのですよ~。
しかも、日曜日の夜9時半に。

調子よくなってきたから、たった1日薬をサボっただけなのに
いきなりものすごく悪くなってしまったようで、
何回もトイレに入ってはいきんで(ウンチまででるほどに!!)
もうもうと砂をかき散らし、
また入っては出るを繰り返し、
だんだんそれも間に合わなくなって、部屋のあちこちでしゃがんでは
薄赤いシッコを一滴だけ出し…
もう、つらそうでつらそうで。
ゴメンよ、花子~!!

時間外だったけど、慌ててシャチョーが病院に連れて行きましたよ。
かかりつけが24時間対応になったおかげで助かりました。

診断結果はやはり膀胱炎。

ついでに血液検査も済ませてもらいました。

血液抜いて、痛み止めの注射打って、次は炎症を抑える注射、ってとこで
花子さまのガマンもピークに達し、大暴れして断念。
仕方ないので錠剤飲ませてもらったんですが、
これは身体に合わないことがあるらしく、
吐いたりぐったりしたらすぐ連絡してくださいとのこと。

帰ってきた花子はすっかり落ち着いて、
さっきはなんだったんだ?というくらい
トイレも気にせずゴキゲンだったけど、
・・・吐いた~~~~(T▽T)

すぐに病院に電話して相談。
次の日の朝、別の薬に替えてもらいました。
(昨夜のうちに用意してくれていたのに、バター作戦の話をしたら
より飲ませやすいものに変更してくれました。
しかも無料だった~嬉しい~)

細菌性の膀胱炎は、よくなったように見えてもまだ菌が残っていることが多くて
完治するまできちんと薬を飲ませないと
どんどん症状がひどくなってしまうものらしい。
うう、知らんかった(T-T)
花子、がんばろーね。

で、膀胱に腫瘍がある場合も考えられるので、症状が落ち着いたら
オシッコが溜まってるときにエコー検査することになりました。
(膀胱は風船みたいになってて、オシッコが入ってないときはぺったんこで
検査できないんだそうです)

そして23日、花子の調子もよさそうなので、エコー検査へ。
まったく問題なし!

あーよかった。

ついでに受けていた血液検査も、クレアチニンの数値のみちょっと高くて2.7。
初期の腎不全ではあるけれど、ゴハンに気をつけていれば問題ないレベル。
(去年は1.7だったからちょっと進んじゃったけど、年齢的なものらしい)

はーやれやれ。

明日はぷっちゃんの病院だし、なんか動物の健康にばかり
気(とお金)を遣ってた連休でした。

横浜そごうで開催中のミヒャエル・ゾーヴァ展に行きたかったんだけど
行けるかな…。
会期、今度の日曜日までになっちゃった…。

おまけに今日は激しいハナタレ。
風邪かしら。

今日は早めに寝ることにします。



090924-2
さんざん遊んで眠たくなってきた花子さま。
最近よく遊びます。
子供返りしてるのかしら。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する