なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

ヒトの健康診断/ネコの入院

今日は年に1度の健康診断。
ロルフィングの次の日だというのに、水飲めないは寝れないは。
おまけに胃の検査では上手に食道が映せなかったとかで
バリウムおかわり。
そのうえ下剤効きすぎてぴーぴー。
はぁヤレヤレ。



5月に糖尿病と診断された実家の桃ちゃん、
いよいよインシュリン注射のための検査入院することが決まりました。
本猫、食欲もあるし高いところにも平気で登るしまったくもって普通…なんですが
ずいぶん痩せちゃったようで。
半年で600グラム減だそうです。(でもまだ3キロある)
今まで飲み薬で様子を見てきましたが効果がないので
元気な今のうちに検査入院して
インシュリン注射を始めましょうということらしいです。
ただ、桃ちゃんものすごく気が強くて診察の度に大暴れしてるので
入院のストレスが一番心配。
病院の先生もそれが気掛かりで、
13歳の桃ちゃんにストレスをかけてまで入院させて注射生活をさせた方がいいのか
それともいつ急変するかわからないけれど、このまま好きなように生活させた方がいいのか
悩ましいところではあったのですが、ついに決断したようです。
とりあえず水曜日から3日間入院、無理なようだったら即退院、ということになりました。
みなさま、どうか無事を祈ってください。


091031
今年7月の桃ちゃん。
まだふっくらしてます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する