なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

ゲゲゲと選挙

先週に続き、近所のアニメーションミュージアムで開催中の「ゲゲゲの鬼太郎展」でアニメを鑑賞。
10100711
今回は1970年代放送の第2期の1話(妖怪復活)と35話(イースター島奇談)。
第1期と比べて、ぐぐーんと妖怪がしっかりしてる。
話自体も、当時の世相を反映してたり(1話)、大人向けに描かれた短編に材をとったり(35話)してて見ごたえがあった。
これが放送されてた頃、私はまだ3歳かそこらで、
でもキョーレツに覚えてる場面がある。
ねずみ男ががっくりとうなだれたサラリーマンに
「そんなに肩を落とすなよ」と後ろから声を掛けると
振り向いたサラリーマンの首はドロドロに溶けてなくなっていた…
というシーン。
子供心に、ものすごく怖かった。
今でも怖い。
今回の展示にその場面があったのだけど、あれってなんていう回で、
どんな妖怪の仕業だったのかな。
もう1回見たいなぁ。
そういえば、今日のアニメ上映前に
「ちびっこにはちょっと怖い場面があるかもしれません」って注意があったんだけど
イマドキのちびっこはドクロくらいじゃ全然ビビんないのね。
私は「そうきたか!!」とけっこうビビったけど。
まだ38話と40話も上映されるので見に行かなくっちゃ♪

その後、近所の小学校で投票。
杉並区は区長も区議会委員も決めなきゃいけないから大変。
いまだかつて見たことないくらい行列ができてた。
小学校、ウサギ小屋が空っぽになっててちょっと残念だったなぁ。
ヘチマのグリーンカーテンやらトマトやらナスやら野菜の鉢植えや
睡蓮とか稲とか、朝顔とか向日葵とかはとっても楽しかったけど。

夜はけっこう選挙番組見ちゃった。
オトナになったなぁと実感。
(いまさらかい!とセルフツッコミしときます…)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する