なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

むぎじのカリカリ

今朝も体調いまひとつだったけど、クォンタムでしゃっきり目が覚め、
ベランダでゴロゴロ&ひなたでまったり。
でも、食欲はあまりない様子。
なぜかシンアツシンは嫌がったので、今日はお休み。

お昼前に大学時代の後輩Aちゃんとそのお嬢さん・Sちゃんと待ち合わせして
子供達の描いた猫の絵展開催中の猫の額さんへ。
今回も力作ぞろい。
毎年楽しみにしているんだけど、子供ならではの視点の作品がいっぱいあって
すごくわくわくする。
Sちゃんに携帯水彩色鉛筆セットをプレゼントしたらすぐに使いこなして、
会場でどんどん愉快な作品生み出しまくってた。

猫の額の店長さんの愛猫は21歳のお嬢さん。
かれこれ7年、慢性腎不全と闘っている。
でも、丸々してるしツヤツヤだし、とてもそんなご高齢とは思えない。
(店長のきめ細やかな日々のケアのおかげなんだけど)
腎不全猫と暮らす上での注意なんかをいろいろ聞いてきた。
・オヤツカリカリとくにシーバ禁止(やっぱりね。悪そうだと思ってたんだ)
・カツブシ禁止(そーよねー)
・缶詰めが好きなら腎臓サポートはふやかしてすりつぶし、チンしてあげる
・とにかくお水をいっぱい飲ませる
・病院と相談してサプリや漢方を併用
とりあえず今はこんなとこかな。

オヤツカリカリはやめた方がいいとは言われたけど、
食欲落ちてるときは誘い水的な使い方でちょびっとやりたいなーと思って
オリンピックでなんかいいカリカリないかと物色してたら見つけた!
銀のスプーンプレミアム三つ星グルメ13歳以上用。
腎臓に負担をかけないようにできてるっぽい。
シーバよりマシだろうと、腎臓サポートに3粒のせてみたら効果てきめん。
大喜びで食べ始めて、つられて腎臓サポートもぼりぼりと。
ああよかった。
このカリカリ、飽きませんように。

そうそう、ふやかしたカリカリはまったく食べてもらえませんでした。
カリカリは、カリカリいわしてなんぼ、らしいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する