なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

麦さん検診

前回の検診から2ヶ月ちょっと。
自宅での皮下点滴は、月・水・金のペースで。
見た目はもうばっちり健康そのもので、走り回るわ、
オヤツはねだるわ、体重増えるわ。

久々の病院でも、会う先生&看護士さん、みんなに
「大きくなったね~」と愛でられました。

本日の麦さん、6.3キロ。
いちばん悪かったときは5.4キロまで落ちちゃってたから
1キロ近く違ってるんだわ。
そりゃ大きくなったって思うよね~。

さて、血液検査ですが、ちょっと困ったちゃんかも。

BUN/41(前回49)、Cre/4.1(前回3.6)。
BUNはいいカンジに落ちてるのにCreが高めで、血圧も高い。
ということは、腎不全が進んじゃってる可能性があるとか。

皮下点滴が功を奏して体調はいいけれど、今後血圧を下げる薬を使った方がいいかもしれないということで(先生も私もできるだけ使いたくない考え)
次回は1カ月後の検診になりました。

麦はほとんどウェットゴハンを食べないのでコエンザイムQ10を飲ませてなかったけれど、今日から猫缶に混ぜちゃおっと。
(クレアチニン値を下げる効果があるらしい。花子は飲んでます。若さもキープ?)


今日、取材された雑誌のコピーをもって行ったら、先生大喜び。

記事の中で、「慢性腎不全は悪くなる一方で絶対に治らない」と監修の獣医さんからクレームが入った件を伝えると
「理論上はそうなんですけど、実際よくなる猫ちゃんいるんですよね~。麦ちゃんは極端な例だけど」とのお言葉。
ほら~。希望をなくすようなこと言わなくていいじゃんね~、雑誌よ。

おまけにツボ押しやらマッサージやら興味津々でいろいろ聞かれました。
(東洋医学や民間療法に理解があって嬉しい♪)
先生のご自宅にも腎不全の猫さんがいるそうです。
しかも、皮下点滴はさせてくれないし、薬は泡ふいて倒れちゃうし、
なにかしようにも療養食しか手がないんだとか。
それなのに7キロですって。
茶白の男の子。
やっぱり茶トラ系はでかくなりますね~。
小柄の茶トラって見たことないし。
で、この猫さん、1年ぶりに血液検査したところ、数値がよくなってたんだとか。
やっぱり猫の潜在能力、計り知れない。

ということで、むぎじも来月に向けていろいろ頑張っちゃいますよ☆
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する