なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

桃ちゃんの生命力

昼過ぎ、母から電話。

桃ちゃん、木曜日には鼻血を出して、金曜日には左目がせり出してきて
昨日一昨日は小声でなきながら夜中徘徊し始めたらしいです。

でも、よく話を聞いてみると、昼間もやたら元気で
お台所に立つ母の足下にすり寄ってくるわ、
片目が見えないのにテーブルまで飛び乗るわ、
足腰弱ってるのにジャンプで降りるわ、
ヒヤヒヤもんのようです。

もちろん食欲も衰えず。

動きっぷりがあまりに危ないので、目の離せないときやお留守番のときだけケージに入ってもらったほうがいいかしら、と困ってたので
花&麦がケンカしたときに買った大きなケージ(今は花子が上に乗って威張ってるだけの代物)を桃ちゃんに貸してあげることにしました。

見た目の病状は進んで、左目は充血して盛り上がってきちゃってるし、
首や後頭部にもしこりはできてるんだけど、なぜかほんとに元気いっぱい。
ケージを届けに行ったときはちょうどお食事中で、もりもりおかわりしてました。
食べ終わったらテーブルに飛び乗るし、小走りにベランダを見に行くし、裏返って寝るし(ちょっと息苦しそうではあったけど)
???です。

なんだか、見る度にお顔はひどくはなってるんだけど、元気は出てるような…

お父さんとお母さんにたくさんかまってもらえるのがうれしくて仕方ないのかな。

大きなケージも気に入ってくれたようだし、楽しく余生を過ごせますように。
111016
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する