なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

麦さん検診

今日は麦の3カ月ぶりの検診。
本猫、ものすごく調子良さそうで、気になる癲癇発作も5/4に起こして以来、
とくに6月に入ってからは物音に過剰に反応することもなくなって落ち着いている。
ということで、油断しまくりの麦をキャリーに詰め、病院へGO。

相変わらずなんでもやらせてくれる麦は大人気で、先生にも看護師さんにも撫でられまくってた。

体重は前回の検診よりもちょいと増えて6.54キログラム。
一番具合悪かった時、5.5キロくらいだったからすばらしい回復っぷり。
高齢で慢性腎不全末期だったのに、ほんとにミラクルだわぁ。

癲癇発作も1ヶ月以上間が開いているので特に治療の必要はなし、
腎臓に関する血液検査の結果も問題なし。
(BUN49で変わらず、Cre3.7で前回より0.6下がった)
ちょっと今後要観察なのは白血球数。
若干数値が低くて、年齢的なことも考えると特に問題はないけれど、
どんどん下がってきちゃうようだと骨髄の腫瘍が疑われるんだとか。
でも今のところは他に問題ないし、大丈夫とのこと。

そうそう、嬉しいお話聞いちゃった。
今まで慢性腎不全で壊れた腎臓の細胞は修復されることなく、
どんどん悪くなって行く一方というのが常識だったけど、
なーんと、修復されることがわかったんだそうです!
ただ、ゆっくりゆっくり時間をかけて修復していくから
壊れていくスピードに追いつかなくて「進行するのみ」と思われていたらしいです。
ということは、じゃんじゃん細胞を直していけば
腎不全の進行を食い止めるどころか、完治も夢じゃないってこと?
細胞の修復だったら音叉がぴったりじゃん!
ますます魔法の治療、頑張っちゃうもんね。
120416-3
(音叉治療中。腎臓にもちーんって聞かせてます)

それにしてもあの病院、いろいろ勉強熱心で嬉しいなぁ。
ミラクルにゃんこは麦だけじゃないみたいだし、先生方の対応も柔軟なんだろうな。
相性もあるけど、病院選びって大事だなぁ。
ありがたや。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する