なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

お礼&ぷちむぎ検診

お礼2013
いまさらですが、個展のお礼状です。
まだ個展の様子もアップ出来ていないのですが、みなさまどうもありがとうございました。
お名前残してくださった方にしかお出しできていないので、こちらで失礼☆
(芳名帳にお名前だけでも残してくださると嬉しいです)

さて、年末恒例(?)ぷちと麦の検診に行ってきました。

ぷっさんは1年半ぶりの血液検査。
ほんとは半年ごとが望ましいのですが、換羽と重なったり、足に力が入りづらくなったり、毎月通院してるというのに、毎回万全の体調とはいえず、延び延びになってたんでした。
結果は、平成21年以来の絶好調。
まぁ、普通のセキセイだったらかなーり深刻な値ではあるのですが、ぷちの場合は普段からぶっちぎりに悪いので、本鳥はそれがアタリマエになっているらしく、毎日超ゴキゲン。
ということで、これまでと変わらず、肝臓のお薬飲んで、ゴハンは3食きちんと量って、規則正しい生活を続けてもらいます。

それから麦次郎。
今回はちょっとかわいそうなことしちゃったなー。
転院してからの3年間、みっちり診てくださっていたM先生が今月いっぱいで退職とのことで、あわてて土曜日に行ったところ、待合室で痙攣発作。
たぶん、私がご挨拶用に持っていったカレンダーのOPP袋の音がキッカケ。
前日は大型家具設置工事で避難させてたし、雨上りの連休前の週末で病院激混みだったし、ちょっともろもろ負担になってたかも。
先生方にすぐケアしていただけたものの、狭いキャリーでの発作+失禁で、本猫はへこみまくり。
BcBZeSqCYAEagSy.jpg
(軽く閉所恐怖に陥ったのか、大好きな偽コタツに入らなくなっちゃった・・・)
血液検査の結果は前回とほぼ変わらずで、腎不全はうまくコントロールできてるけど、心臓にまたもや雑音(ギャロップ音)が~。
でも、調子悪い時にもこうなったことあるので、発作の直後だからということに…ならんかなぁ。
気になる血圧測定は、発作後なので見送り。
痙攣発作も頻発してるわけでもないし、体調は安定してるので、次回の検診も3ヶ月後でOKになりました。

あぁ、麦さん発作騒動でM先生にちゃんとご挨拶できんかったよぅ。
緊急で診てくださった他の先生方も信頼してるので、このままS動物病院に通うのでも全然構わないんだけど、M先生が一番話しやすかったかな。
もし麦が急変するようなことがあれば、セカンドオピニオン的に相談してください、とも言ってくださったし、うちの夫のことを「シャチョー」と呼んだのも聞き逃さなかったぞ☆(私のブログはチェックしてるということね)
もしかしたら通える範囲内で開業してくれるかもしれないので(せめて宮前とか、どうでしょう?)そしたら転院するつもり。

M先生、3年間ありがとうございました!

Bb6gB91IEAAam0z.jpg
こんなでかい壁面収納家具を入れました。スッキリ!

Bb68T8JIAAAQo_i.jpg
工事の間、避難する麦次郎。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する