なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

なまけ猫王国更新。

今月はタイの猫、シャム(サイアミーズ)です。

1408.jpg
なまけ猫王国→http://www.catkick.com/namake/

私が生まれてはじめて一緒に暮らした猫で、愛猫・麦次郎はは2代目のシャムです。
思えば40年くらい前は純血猫といえばシャムとペルシャくらいしかいなかったのに
いまでは見かけることも少なくなってきました。
シャム、ステキなのになー。

NEC_0002.jpg

見た目のクールさも魅力ですが、なにより愛情深くて甘ったれで、賢くておしゃべりで、
意思の疎通もばっちりで、一緒にいて飽きることがないのです。
ドギーキャットと呼ばれていることは大人になってから知りました。
どうやら、私が長年猫だと思って暮らしていたシャム猫は、猫の形をした犬だったようですw
(デブだから気品はないけど)

シャム猫歴34年の私、やっぱりシャム作品が多いです。

gokigensan.jpg
ゴキゲンな麦さん。

muginegao.jpg
よく寝てる麦さん。

celeste-blue.jpg
クールな背中の麦さん。

hidamari.jpg
先代のシャム猫・ペルさん。

もちろん他所のお家のシャムさんも描きたくなります。

hutago.jpg
ふたごちゃん。今は立派に成長なさいました。

tenshi2.jpg
麦によく似た男の子。

frostyblue.jpg
ショータイプの鼻筋が通ったハンサムさん。

初めての手法にチャレンジするときもシャム。

me3.jpg
20年ぶりの油絵。

prince.jpg
初めてのアクリル×オイルパステル画。

yamere.jpg
アクリル画。

yokogao.jpg
ペン×水彩。

tomodachi.jpg
ずっと苦手意識のあった立体作品。

まだまだありますがこのへんでw
shamunyandara.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する