なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

なまけ猫王国更新。/純血種猫考/個展のお知らせ

今月はノルウェーの猫・ノルウェージャンフォレストキャットです。
1412.jpg
なまけ猫王国→http://www.catkick.com/namake/

とても立派な体格と、寒さに負けない厚い毛皮をまとった、堂々とした猫です。
北欧神話には、連れ去ろうとした雷神が持ち上げられなくて断念したとか
女神の車を引くのに馬代わりに使われたとか
猫としてどうなのよ?wというお話も残っているようです。

一時期、ノルのブリーダーさんと親しくさせていただいていたことがありました。
といっても、ネットでのお付き合いでお会いしたことはなかったんですが、
そこの猫様(家族としてかわいがってるブリティッシュショートヘアーさん)や、
お嫁に行った先のノルさんたちをたくさん描かせていただきました。
kikinasai.jpg

ote.jpg

gokigen.jpg

akubi.jpg

onajiyume.jpg

gomanetsu.jpg

どのコもみんなかわいがられていて(あたりまえだけど)
譲り受けたあともブリーダーさんと仲良くしてて(血縁関係のオフ会とかもやってたかな)、
ペットショップに卸すのを前提とした、いわゆる繁殖屋との違いを実感させられました。

その種に惚れ込んでいる、きちんとしたブリーダーさんは
性格や遺伝的な問題はないか、スタンダードとされるよさを引き出せるかどうかを考えて
両親を決めています。
そして、しっかりお母さんのおっぱいを飲み、きょうだいでころころと遊んで
社会性を身につけて、ひとりでご飯を食べられるようになってから、新しいお家へと送り出します。
新しい家族も、誰でもいいというわけではありません。
だから絶対に、小さいうちが花だとされるペットショップには売りません。
よく「純血種は弱い」という話を聞きますが、それは安易な考え、劣悪な環境で繁殖させられ、
ほとんどおっぱいも飲まずに引き離されたコだからだと思うのです。

純血種を求めることは悪いことだと思っていません。
ペットショップで、お金さえ出せば安易に手に入ってしまうことが問題だと思うのです。
どうしてもどうしても、好きな種類やあこがれの種類がいるのであれば、
ペットショップでなくブリーダーさんのところを訪ねてください。

出産マシーンとして狭いケージの中で過ごし、子供を産めなくなったら殺される純血種がたくさんいます。
そんなコたちがいなくなるようにするためにも、信頼できるブリーダーさんを探してください。

とくに種類にこだわりなんかないけどペットと暮らしたいな、という方は、里親募集に目を向けてください。
性格も健康状態もはっきりした、かわいいコと出会えるはずです。

ペットショップでの生体販売、反対!!


個展のお知らせです。
yumedm.jpg
12/4~14、横浜元町のゆめ猫さんでミニ個展開催します。
詳しくはこちら
みなさま、ぜひお越しくださいませ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する