なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

なまけ猫王国更新。/実演イベントのお知らせ

今月は友猫です。
1509.jpg
なまけ猫王国→http://www.catkick.com/namake/

猫はなかなか柔軟性があるというか、マイペースというか、他の動物ともうまく共生できるように思います。
(猫同士のほうがかえって難しかったりするのかも)
犬よりは少ないですが、亀と一緒に飼ってるよ、という方にもよくお会いします。
kame-l.jpg
花ちゃんのお母さん猫は、部屋の中で迷子になったハムスターを見つけ出して、大事に運んできてくれたことがあるそうです。

我が家は長年鳥と同居していますが、今のコも先代のコも仲良くしていました。

090918-2_20150901114646c76.jpg
先代のシャム猫ぺるさんは、保護したヒヨドリの雛を献身的に看病して(同じダンボールに入って暖めつつ舐めてやったり!)、更に飛ぶ練習にも付き合って、落下地点で人に踏まれないように守っていたりもしました。

今一緒に暮らしている麦とインコのぷちぷちは付かず離れず。
さすがに同じ部屋で放し飼いというのはリスクが大きいので断念してますが、仲は悪くないようです。

共にひなたぼっこを楽しんだり
ぷちむぎひなた

病気療養中はお見舞いしたり
麦が見舞2

小さな写真しかありませんが、花子ちゃんなんか先代インコのうりゃうりゃと
カゴの内側と外側から同じ青菜を齧る仲でした。
(HPトップ・過去のワタクシの一番下に写真あり)

種を超えて仲良くしてくれる猫ですが、彼らにとって、人間がいちばん信頼できる友人であり、家族でいられるといいなと思います。



9/19〜23、横浜元町のゆめ猫さんにて実演&ミニ個展させていただきます。
1509isi.jpg
石なまけのセミオーダーや、猫さんの似顔絵描きを承ります。
秋の連休、中華街も楽しいですよ。
ぜひ遊びにいらしてください♪
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして

現在10歳の猫を飼っています。
多発性嚢胞腎による末期の腎不全で、腎臓が欠壊状態?とのこと。
あとは、自宅で、、とのことで、おうちでできるケアはないか、なんとかならないかと、こちらのブログに尋ね当たりました。

枇杷の葉蒟蒻温湿布、やり方を詳しくお聞伺いしたいのですが、背中側から湿布をすれば良いのでしょうか?
時間はどれくらいなさっていましたか?
どうぞよろしくお願いします。

アシリアママ | URL | 2015-09-15(Tue)14:20 [編集]


Re: 初めまして

アリシアママさん、はじめまして。お返事遅くなってごめんなさい。
蒟蒻温湿布、蒟蒻を熱々になるまで煮て(あれば枇杷茶とか枇杷の葉エキスとか入れたお湯で)
タオルにくるんで患部に枇杷の葉を敷いて(なくてもいいです)のせるだけです。
時間ははっきり覚えていませんが、ぬるくなったり本猫が嫌がったりしたらやめていました。
腎不全の場合は、腎臓、腎兪のツボ(「猫 腎兪」で検索すると出てきます)あたりがいいと思います。
ちょうど横になった時にのせやすい場所です。
たいていの猫さんは気持ちよくやらせてくれるようですよ。
少しでも快方に向かいますように。

kajiyo | URL | 2015-09-17(Thu)13:43 [編集]


ありがとうございます!
早速今から試してみます!!

アシリアママ | URL | 2015-09-18(Fri)19:10 [編集]