FC2ブログ

なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

猫を探す

21年生活をともにしてきた麦を見送ってすぐに、次の猫のことを考え始めていた。
花子の時と違って、麦は生まれ変わらないだろうなと感じていたせいもあるかもしれない。

私にとっての猫は、シャム猫だった。
11歳の時に祖父にプレゼントしてもらった初代ペルさん、そして、29歳の時ペットショップでカゴの隙間から手を伸ばし、私の腕を掴んだ麦さん。
2匹ともそれはそれは賢くて明るくておしゃべりで甘ったれでお調子者で、お客さまも、リードを付けてのお散歩も大好きで、小鳥もかわいがっていた。
それが猫だと思っていたから、ソマリの女の子の花ちゃんをお迎えした時は「あれ?」ってちょっと物足りなさを感じてしまったのも事実。
もちろん、後にメロメロになってしまったわけだけど。
シャムのブリーダーさんと知り合い、シャムは「ドギーキャット(犬のような猫)」と呼ばれていることを知り、納得した。
ペルと麦が特殊だったんだ。
ツンデレな花ちゃんはきっと、猫らしい猫だったんだと思う。

そんなわけで、おそらく子猫からずっと一緒にいられる猫はこれが最後になるだろうから、大好きなシャム猫の男の子を迎えたい、と思っていた。
その一方で、保護猫認知のための仕事に関わって、実態も知っているというのにお金を払って猫を迎えるのはどうなのか、という葛藤もあった。
最初からベタ慣れじゃなくても、徐々に心が通っていくのはきっと、とても嬉しいことだと思うし、ただいてくれるだけでも幸せを感じると思う。
でも、血統書にはこだわらないけれど、シャムでないとあの性格はムリなのかもしれない。
ペットショップからは買いたくないし、かといってブリーダーさんは極端に少ないし、それにいわゆるショータイプだからきれいすぎて気後れがする。
だったらミックスの保護猫で、シャムの性格を色濃く引き継いでいるコがいるかもしれない!
保護猫ならトライアルもできるし、インコのコジコジとの相性もわかるはず!
そう思って探す日々が始まった。

ほどなくして奈良県に花と麦そっくりな兄妹猫を発見し、里親を申し出たものの、距離の問題でNG。
次に都内で生後2ヶ月のシャム系男子と、一緒に保護されている4ヶ月位のアビシニアン風女子(シマなしキジトラ)を見つけ、トライアルさせていただけることになった。
結果は・・・
年長女子がコジコジを明らかにハンターの目で見てしまってムリだった・・・
わずか1泊2日でお返しすることになってしまい、子猫たちにも保護主さんたちにもご負担かけて申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまった。
猫たち、ムダにストレスかけてごめんよぅ・・・
保護主さんのお話を聞いても、あきらかに私の望む形での猫と鳥の共存は難しそうだった。
(奈良のお話は流れて、結果的に良かったです)
171017.jpg
※ものすごくかわいくて仲良しの2匹だった。シャム風男子は緊張して固まってたけど、キジ娘は超フレンドリーでした。いいおうち、決まったかな。

先代のペルさんは9歳の時に保護したヒヨドリの雛を大切に育てていたし、ブリーダーさん宅から2ヶ月で我が家にやってきた花ちゃんも、4ヶ月半でショップから来た麦次郎も、当時いたインコ2羽になんの関心も示さなかったどころか家族として認識していた様子だし、花子の産んだ子猫たち4匹も、誰ひとりとしてインコに手を出さなかった。
他にもいろいろリサーチし、やはりインコとの平和な共存(同じ室内で普通の鳥かごで飼う、目の前での放鳥はしない)を望むのなら、先祖代々お外を知らないコでないとダメかもしれないという結論に至った。
171016-1.jpg
※初代シャムのペルさんと保護したヒヨドリのぴよぴよ。鳥が体調を崩すと懐に入れ舐めて温めてやり、飛行練習にも付き合っていた。

1016-2.jpg 
※病気療養中のぷっちゃんのお見舞いをしてる麦次郎。

はやりの猫種ばかりを闇雲に繁殖させてショップに卸す繁殖屋はなくなればいいと思っているけど、一定の猫種と向き合って、その種特有の良さを引出すように、遺伝的な病気や性格にも問題がないようにマッチングを考えて、愛情を持って大切にブリードしているキャッテリーは頑張って欲しいと思っている。
171016-4.jpg 
※お父さんでもなんでもないのに花子に代わって子育てに勤しむ麦次郎。おっぱいねだられて困ってる姿が面白かった。(花子には許嫁がいました)

1016-3.jpg 
※子育て疲れの図。背中に顎をのせてるのは花子様。

そんなわけで、我が家はまた純血種のシャム猫をお迎えします。
まだブリーダーさんと相談中ですが、すらっとしたいわゆるショータイプの女の子が来るかもしれません。
花子と麦次郎の、いいとこどりかもしれないな~と妄想中。

私の作品に、ほっそりした猫が登場するのも時間の問題かも・・・?
どうぞお楽しみにw
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

育猫麦次郎さんかわいい
我が家のシャムも20歳になりましたが、麦次郎さんの背中を追いかけて頑張りちう

S &I | URL | 2017-10-22(Sun)12:54 [編集]


Re: こんにちは

ごぶさたしています。
麦次郎、本当に面倒見のいい、良きアニキでした。
S &Iさんのおうちのシャムさん、若々しくてお元気ですよね。
おんにゃのコのほうが長生きすると言われていますし、麦を軽々超えると思います(^^)

kajiyo | URL | 2017-10-22(Sun)14:42 [編集]


麦次郎くん、本当に優しいシャム猫さんだったのですね♪
インコさんと共存できる猫さん・・・
確かにお外を経験したことのない子の方がスムーズでしょうね。
ウチの先代は元々は地域猫で庭に吊るしていたカナリアの籠に飛びついたのが出逢いでした。
事故に遭い、保護してウチのコになりましたが、お外への執着は残ったもののカナリアにはそれほど興味を示さず無事共存できました。
猫の性格にも因るのでしょうね。

保護猫への思いと好みの純血種に対する思いのある種の葛藤は本当によくわかります。
私も今のワンコを迎えるときに悩みましたし、今後も悩むと思います。
でも、純血種の子だって運命は色々であるのも事実。幸せになれる純血種の子も増えて欲しいです。
ニューフェースのシャム猫さんの登場を楽しみにしています♪

milleco | URL | 2017-10-29(Sun)09:58 [編集]


Re: タイトルなし

そうなんです、麦はほんとうによくできた猫でした。
でも、ペットショップに長くいたせいか、花子との距離感がうまくつかめず嫌がられていましたが(^^;

オトナの保護猫さんでもカナリアさんとの共存できたんですね!
よかったです。
外にいた子だから絶対に鳥を狙うというわけではないとわかってはいるのですが、やはりリスクの高い賭けだな、と感じています。
「本能の問題だから新しい環境に馴染んだ途端に狙うようになるよ、だからケージを補強して万全の対策をしてください」と保護主さんたちが口をそろえておっしゃったのもブレーキをかける理由になりました。
それから、動物病院に勤めていた友人の「純血種のコは獲物に関してはボーッとしてる印象がある」という意見も背中を押してくれました。

純血種で高いお金を払って迎えたからってすべてのコが幸せになれるわけではないんですよね。
せめて縁あって自分のところに来てくれたコには幸せに天寿を全うしてもらいたいと思っています。

kajiyo | URL | 2017-10-29(Sun)16:08 [編集]


はじめまして。

麦ちゃん、花ちゃん良い子だったんですね。うちの子も先週、腎不全の末期って言われて、藁にもすがる気持ちでネット徘徊してたら、ここにたどり着きました。色々参考にさせていだきます。

JUN | URL | 2017-11-07(Tue)21:19 [編集]


Re: はじめまして。

はじめまして。
そうなんです、花も麦もとってもいい子たちでした。
JUNさんのお家の猫さんもきっととってもいい子なんでしょうね。
ご心配なことと思いますが、諦めないでケアしてあげてください。
とにかく温めることが大事なようです。
回復しますように!

kajiyo | URL | 2017-11-07(Tue)23:45 [編集]