なまけ猫王国 別館

猫作家と猫と鳥の楽しい毎日

枇杷の葉蒟蒻の効果

甲状腺機能亢進症の疑いが濃くなって腎不全の数値も跳ね上がった麦さん、昨夜、6年半振りに枇杷の葉蒟蒻温湿布をしてみました。
20170528-1.jpg 
枇杷の葉エキス(枇杷茶でもOK)を垂らした小鍋で蒟蒻を熱々になるまで煮てタオルでくるみ、腎臓あたりに枇杷の葉を敷いて(なくてもOK)、蒟蒻がぬるくなるまで放置。
ホカホカで気持ちいいらしく、夏も近いというのに本猫嫌がりません。
それどころかウトウトし始め、終わったら爆睡。
20170528-2.jpg
こんなリラックスした寝姿、1週間ぶり! 枇杷の葉蒟蒻、スゲエ!!

しかも、ずーっと拒否していたカリカリまで自主的に食べ始めましたよ!

昨日の朝から降圧剤を飲んでいるせいもあるのでしょうが、本当にラクそう。
またしばらく毎晩温湿布して、デトックスに励みます。
腎不全だけじゃなく、体が心配な猫さん(人間も)いたらぜひ試してみてくださ〜い!

PageTop

最近の麦さん

5月3日、三ヶ月ぶりの癲癇発作。
初めて手足や耳が熱っぽくなったり、食欲落ちたり、ぼーっとする時間が長かったりと心配な様子でしたが3日ほどで元気に持ち直し、5月10日に見事21歳のお誕生日を迎えました!

大好きなカツオのなまりでお祝い。
20170526-1.jpeg 
一気食いです。
20170526-2.jpg 
もうナイ。
20170526-3.jpg 
おいしかったね、ごちそうさま。

さすがに21歳にもなると老猫力がつきまくりです。
20170526-4.jpeg 
20170526-7.jpeg 
20170526-5.jpeg 
ああ、味わい深い。

さて、こんなに元気に過ごしていた麦次郎ですが、21日の朝から急にカリカリを食べなくなり、猫缶オンリーの生活に入りました。
ちょうど季節外れの暑さに見舞われた頃。
去年7月の終わりにも猫缶だけで3日間過ごしたことがあったので、今回もそんな感じかと思っていましたが、ちょっと深刻でした。

開けたての猫缶は勧めれば食べるのですが、なんだかさらに動きが緩慢になり、目を開けたまま横たわっていることが多くなってきました。
ほんの5日ですっごく老けこんじゃった感じ。
18日の寝姿がこれなのに!
20170526-8.jpg 
昨日は明らかに脱水していたので、あわてて補液をし、今日病院に連れて行きました。

結果・・・腎不全、進んでました。
ぶり返したというべきか?

脅威の回復力で BUN80前後、Cre3.0前後をキープしていたのに
今回は BUN124、Cre5.7、ALT(肝機能)はぶっちぎりの324。
甲状腺機能亢進症の疑いが濃厚となりました。
おまけにいつもより息遣いが荒くて、血圧は測れず。
あ、目もほとんど見えなくなってたんだ。
使いやすいタイプのトイレに変えたら2回も失敗しちゃったのはそのせいか。

腎臓のためには補液が有効だけれども、高血圧が悪化して脳梗塞や循環不全の危険性が出てくるとのこと。
なので、お薬に過剰反応してしまう麦ですが、ついに降圧剤(下限ギリギリで)服用することになりました。
効いてくれるといいんだけどなぁ・・・

なにぶんもう21歳、人間でいうと100歳かな、本猫の負担になるような治療は正直なところしたくないのですが、とりあえず2週間、様子見ながら頑張ってお薬飲んでもらいます。
点滴も毎日になっちゃったけど、嫌がらないコでよかったよ。

今年の夏も真っ白の夏毛に着替えて笑わせてくれますように。

PageTop

麦さん検診

麦さん、3ヶ月ちょいぶりの検診に行ってきました。

170129-1.jpg
実は昨日の昼間に15分ほどトイレを出たり入ったり、ちょろっとオシッコしたりしなかったり、
で、イライラした感じで鳴いたりしてて、こりゃ膀胱炎か!?と焦ったものの
朝から詰まり気味だったウンチョスの残りをひり出したら落ち着いたんでした。
担当の先生がいなかったこともあって、昨日はそのまま様子見し、
今日の午前中に念のためオシッコ持って受診してきました。
検診のタイミングだったし、よかったといえばよかったかな。

いつもは自宅での皮下点滴の次の日に行ってるんですが、今回はオシッコが気になったので点滴の2日後。
そのせいでちょこっとBUNが上がってましたがまぁ許容範囲。
Creは変わらず2.9! 優秀!
ちょっとだけ頑張ってる方の腎臓(片方は生まれつきほぼ機能していません)が腫れてるような気はするけど、とのことでしたが気にするほどでもなさそうなので検査とかは見送り。
オシッコ検査もま~ったく問題なく(腎不全だから尿比重は軽いけど)、お爪もキレイに切りそろえてもらって、血圧(高めだけど治療するほどじゃない)計って終了。
170129-2.jpgシッポで計測
体重は、お家で量ると4.5キロ〜4.6キロくらいなのに、なぜか4.3キロになってて痩せっぷりが気になるけれど、お歳だから仕方ないのかな。
よく食べるし、冬毛になって黒々してきたし、関節とかも問題ないし、褒められちゃった♪
ということで、次回検診も3ヶ月後でよくなりました。
3ヶ月後・・・麦さん21歳だな。
ふふふ。

170129-3.jpg
帰宅後は落ち着かず、何度も何度も「そとろうかにぱとろーるにいく!」とわがまま言いまくり、その度に抱っこしてウロウロしてきました。
「このまんしょんのへいわわぼくがまもる」んだそうで、留守にした時間が気になってしょうがなかったらしいです。



170129-4.jpg
2/1から2/7まで、上野の松坂屋さんの「猫アートフェスタ」に出展します。
猫様似顔絵も承りますのでぜひみなさまお越しくださいませ♪

PageTop

麦次郎血液検査結果

うっかり書き忘れてましたが、麦次郎の血液検査の結果発表。
じゃじゃ〜ん!
161016.jpg
腎臓の数値(クレアチニン/尿素窒素)以外は正常。
甲状腺も問題なし!
※白血球と血小板の数値異常は関係なし。血小板は検査会社への輸送時に消費されて少なくなったと考えられるそう。
その腎臓の数値も、信じられないくらいよくなったままキープ!
こりゃ麦さん、本格的に自力で治しちゃったね。
最近、猫の腎不全の特効薬ができるかもしれないというニュースがありましたが、周りでも民間療法で腎不全がよくなった猫さんの話をちょこちょこ聞きます。
お薬できるのは楽しみですが、毎日のケアでよくなるケースもたくさんあります。
腎不全と戦う猫さん、希望を捨てないでね。

さて、夏痩せしちゃった麦さん、涼しくなってきて食欲も盛り返してきました。
まだ体重には反映されていないけれど、調子はよさそう。
ただ、なぜか頑なに廊下生活続行中。
クッションフロアとはいえもう床は冷たいだろうに、暖かいリビングのカーペットに連れて来ても戻っちゃうし、マットを用意したら嫌がって抗議するし、冷えたらどーすんだよー!
161016-2.jpg
フリース掛けてみたらそのままにしてた・・・ってことはやっぱり寒いんじゃん!
でも、カリカリつまんだりお水のんだりする度に外れたら外れっぱなしで上には乗らない。
しかたがないのでほんのり温かくなる薄型ヒーターポチりました。
早くホットカーペットの心地よさを思い出して〜!

PageTop

麦さん検診・慢性腎不全驚異の回復!

3ヶ月ぶりの検診でした。
ここのところとても調子よさそうで、以前よりもよく食べるようになったし、トイレの後走ったりもしています。

前回の数値があまりにもよかったので、甲状腺機能亢進症の疑いも出ていていたのですが、生活の様子から全くそんなことはなく、体重もキープでした。
ということで、おそらくシロ。

そして肝心の血液検査、こちらも変わらずクレアチニン2.8(前回は2.9)!
こりゃー、ほんとに腎不全治っちゃったんじゃないの!?
(6年前は11.8、その後4.0くらいで安定)

元気に二十歳を迎えられただけでもありがたいのに、回復って。
先生にも「二十歳からの盛り返しっぷりがすごいね〜」と褒められ
「そろそろ尻尾割れてくるんじゃないの?w」と確認までされてしまったw
看護師さんにもモフられてチヤホヤされっぱなし。

レスキューレメディ盛っていくのを忘れたせいか、少々興奮気味で血圧は高めだったけど、まぁ許容範囲。
心音も正常。

腎臓の細胞がどんどん壊れていくという慢性腎不全は、一般的には悪くなる一方、よくて現状維持と言われていましたが、最近の研究で、ゆっくりではあるものの腎臓の細胞は修復されることがわかったそうです。
ということは、細胞の修復を助けてあげて、壊れてゆくスピードを追い越しちゃえば治るってこと。
麦はまさにそんな感じ?

以前ブログにも書きましたが、麦の腎不全対策のうちの一部、
・枇杷の葉エキスでマッサージ
・シンアツシン(家庭用鍼治療器)
・日田天領水(水素水)
・バッチフラワーレメディ
・ネフガード
のみ続けています。
これらが地味ーに効いてるのかな。
あと、本猫も好きなように暮らしてるし、言いたいことがあれば全力で訴えるし、見てる限りストレスフリーの生活をしています。
これがいちばんの免疫力アップの秘訣かも。

麦よ、しっかり治して、世の中の腎不全猫の希望の星になろうぜ!

160625.jpg
尻尾で血圧を計られる麦さん。
落ち着くようにとお部屋を少し暗くしてくれます。



入院中の頭蓋骨割れて髄液出ちゃって頭ポヨポヨの保護子猫ちゃんにもご対面してきました。
かなりひどい状態らしかったのですが、歩けるまでに回復!(脳の損傷で回っちゃうけど)
ここの先生方もスタッフさんも、本当に動物好きで手厚い看護をされていて安心できます。
子猫ちゃん、元気に大きくなりますように!
160625-2.jpg
(病院で飼われている猫さんが嫉妬で激おこでしたwww)

PageTop